この協会について

「芸能従事者」はあらゆる業種の芸能実演家とスタッフの総称です。

世界的にフリーランスの多い芸能従事者は、
各国で、さまざまな形のセーフティネットの保護を受けていますが、
日本の芸能従事者が初めて得た社会保障は、
2021年4月に始まった特別加入労災保険制度です。

この労災補償保険法施行規則改正の同日に、運用のため、
厚生労働省のつなぎ役として発足したのが
全国芸能従事者労災保険センター」で、ここに加入した、
俳優、音楽家、落語家、漫才師、マジシャン、歌手、声優、スタントマン、
舞踊家、映画監督、演出家、照明家、音響、美術装飾、衣装、舞台制作、
アクセシビリティなど、さまざまな芸能関係者のなかから、
俳優、音楽家、演芸家を中心に、日本芸能従事者協会が生まれました。

文化芸術・芸能分野に従事する方々のサポートのために、
全国にやさしくつながるネットワークです。

協会概要

名称一般社団法人日本芸能従事者協会
代表理事森崎 めぐみ
設立令和3年9月
所在地東京都港区北青山3-6-7-11F
関連団体 全国芸能従事者労災保険センター
(東京労働局認可)

組織図

メディア掲載

掲載紙・寄稿など